PR

ライフ ライフ

大学生就職内定率89・5% 2月1日時点

スーツ姿で会場入りする学生ら=1日午前、大阪市住之江区(須谷友郁撮影)
スーツ姿で会場入りする学生ら=1日午前、大阪市住之江区(須谷友郁撮影)

 今春卒業予定で就職を希望する大学生の2月1日時点の内定率は、前年同期比2・8ポイント減の89・5%だったことが19日、文部科学、厚生労働両省の調査で分かった。昨年10月時点は7・0ポイント減、同12月時点は4・9ポイント減で、前年同期の減少幅は小さくなったが、新型コロナウイルスの影響で厳しい状況が続いている。

 高校生の今年1月末時点の内定率は93・4%。比較可能な令和元年12月末時点より1・4ポイント上昇した。就職希望から進学に切り替えた生徒が増えたためとみられる。文科省の担当者は「大学生の内定率は下げ止まりの傾向が見られるが、予断を許さない。卒業まで少しでも向上するよう支援していきたい」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ