PR

ライフ ライフ

北海道で変異株疑い 石狩地方の80代女性

英国に由来する新型コロナウイルスの変異株の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)
英国に由来する新型コロナウイルスの変異株の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 北海道は17日、石狩地方に住む80代の女性が新型コロナウイルスの変異株に感染した疑いがあると確認されたと発表した。発症日は12日で、症状は軽い。道立保健所で陽性と判明した検体の全てを対象に、道立衛生研究所で変異株のスクリーニング検査を実施したところ、この女性が疑い例と確認された。

 道内の変異株疑い例は25人目。このうち札幌市の12人と小樽市の1人の計13人が、国立感染症研究所の検査で英国型の変異株と確定している。

 北海道では初の変異株クラスターが今月10日、札幌市の「食品関連会社主催の集会」で発生。さらに、同市の別の「食品関連会社主催の集会」で変異株と疑われるクラスターが同16日に発生しており、いずれの集会も高齢者が参加していた。道は2件のクラスターと女性との関連性を調査している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ