PR

ライフ ライフ

奈良で変異株初確認 新型コロナ 

奈良県庁
奈良県庁

 奈良県は16日、県内の30代男性が新型コロナウイルスの変異株に感染したと発表した。変異株の確認は県内で初めて。男性は県外の変異株感染者の濃厚接触者で、海外渡航歴や不特定多数の人との接触はないという。

 県によると、男性は3月上旬に陽性が確認され、現在も入院中。男性の濃厚接触者は少人数で、全員陰性が確認されている。

 変異株の種類は英国、南アフリカ、ブラジルのいずれかとみられ、国立感染症研究所に検体を送付して調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ