PR

ライフ ライフ

囲碁の仲邑初段、12歳0カ月 最年少で二段昇段決める

その他の写真を見る(1/4枚)

 囲碁の小学生棋士、仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(12)が15日、東京都千代田区の日本棋院で行われた第28期阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦の予選で、松原大成六段(48)を破り、プロ入り30勝(18敗)の規定を満たして、16日付で二段昇段を決めた。12歳0カ月での昇段は、趙治勲名誉名人(64)=11歳9カ月で入段、12歳3カ月で二段=を上回り史上最年少。

 平成31年4月に10歳0カ月で入段した仲邑初段は、この日の勝利で公式戦49勝25敗になったが、昇段の対象となるのは七大タイトル戦や新人王戦など、男女ともに出場資格がある棋戦で、女流タイトル戦の勝利は含まれない。同期入段13人のうち、先に3人が昇段を果たしている。

第28期阿含・桐山杯予選Bで松原大成六段との対戦に臨む仲邑菫初段=15日午前、東京都千代田区(日本棋院提供)
第28期阿含・桐山杯予選Bで松原大成六段との対戦に臨む仲邑菫初段=15日午前、東京都千代田区(日本棋院提供)
その他の写真を見る(2/4枚)

 将来有望な小学生をプロにするため新設された日本棋院の「英才特別採用推薦棋士」枠でプロ入りした仲邑初段は、年に1~2つしかないプロの座を目指して志望者(院生)同士が対局する厳しい入段試験を経ていない。そのため令和2、3年に後輩が入段しても、棋士序列は最下位に据え置かれていた。この日の昇段で353位から“34人抜き”を果たした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ