PR

ライフ ライフ

米 ワクチン接種が累計1億回を超す 

ジョンソン・エンド・ジョンソンの新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける男性=11日、米カリフォルニア州オークランド(AP)
ジョンソン・エンド・ジョンソンの新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける男性=11日、米カリフォルニア州オークランド(AP)

 【ワシントン=住井亨介】米疾病対策センター(CDC)の集計によると、12日までに米国で実施された新型コロナウイルスワクチンの接種回数が累計で1億回を超えた。米国では1回の接種で済むワクチンが実用化されるなど、ワクチン供給が加速しており、最近の1日当たりの接種回数は200万回超えが続いている。

 CDCによると、12日時点の累計接種回数は1億112万回。これまでに少なくとも1回の接種を受けた人は6596万人と全人口の19・9%で、このうち免疫獲得に必要な接種回数を受けた人は3500万人で10・5%となっている。

 7日時点の1日当たりの接種回数(7日移動平均)は約202万回で、2カ月前に比べ3・7倍となっている。

 米国ではトランプ前政権時代の昨年12月に2種類のワクチンが実用化された。バイデン大統領は今年1月20日の就任から100日で1億回分の接種を目指すと宣言。2月25日には就任後のワクチン接種回数が5千万回を超えていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ