PR

ライフ ライフ

北海道初の変異株、高齢者参加の集会で拡大

英国に由来する新型コロナウイルスの変異株の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)
英国に由来する新型コロナウイルスの変異株の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 札幌市は10日、感染しやすいとされる新型コロナウイルスの変異株のクラスター(感染者集団)が市内の食品関連会社主催の集会で発生したと発表した。北海道で変異株が確認されたのは初めて。新型コロナ感染者は30~90代計25人で、このうち13人が国立感染症研究所の確定検査で英国型変異株と確認された。

 変異株と確定した13人は、これまで疑い例とされていた札幌市の12人と小樽市の1人。札幌市は残る12人の感染者についても変異株に感染したとみなし、25人全員を入院させた。

 同市によると、集会は2月22~24日の3日間、ビルの1室を借り上げて講話と食品の物販が行われ、高齢者が多く参加していた。

 講話などのため、道外の変異株が確認されている地域から訪れた関係者が27日に陽性と判明。市が濃厚接触者らを検査したところ、従業員3人と参加者21人、関係者1人の計25人の新型コロナへの感染が確認された。

 同市は集会の参加者約40人を把握できたとして、主催した食品関連会社名や販売された食品名を公表していない。同市によると、参加者間の距離は50センチ程度だった。この会社は集会を当面、自粛するという。

 札幌市の担当者は「高齢者は重症化する恐れがあるので、集会を企画する場合は主催者に一層徹底した感染防止策をお願いしたい」と注意を呼びかけた。

 変異株と確定した13人の内訳は、札幌市・30~80代男女9▽同・年代と性別非公表1▽小樽市・年代非公表の男性1人▽居住地非公表・30代男性1人▽同・年代と性別非公表1。

 変異株は昨年12月25日に空港検疫で国内で初めて英国型が見つかり、今年に入って国内で感染確認が増加した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ