PR

ライフ ライフ

千葉県浦安市、東京ディズニーシーで成人式 1月にコロナで延期

千葉県浦安市の成人式。ミッキーマウス、ミニーマウスもソーシャルディスタンスで祝福した=7日、同市の東京ディズニーシー(江田隆一撮影)
千葉県浦安市の成人式。ミッキーマウス、ミニーマウスもソーシャルディスタンスで祝福した=7日、同市の東京ディズニーシー(江田隆一撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大で1月の成人式を延期していた千葉県浦安市の成人式が7日、同市舞浜の東京ディズニーシーの屋内劇場で開催された。

 ディズニーキャラクターが音楽とダンスで祝福したが、緊急事態宣言が延長されたコロナ禍での開催に、ソーシャルディスタンスに配慮して、ステージのミッキーマウス、ミニーマウスも常に距離を置き、恒例の客席へ降りての新成人とのふれあいはなかった。

 平成14年から続く20回目の東京ディズニーリゾートでの成人式で、東京ディズニーランドから会場を移した初の東京ディズニーシー開催となった。

 当初は成人の日の1月11日に開催が予定されたが、感染拡大で直前に延期となった。2カ月遅れで開催された成人式は、約20分間の短縮式典を4回開くなどの感染対策を行って実施された。

 同市では新成人が実行委員会を作って式典を実施する。実行委員長の田島美咲さん(20)は「成人式開催が実現できてうれしい。感染対策を取っての実施はこれからのモデルになると思う」と話した。

 東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランドの上西京一郎社長は「協力できててうれしい」と、新成人を祝福した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ