PR

ライフ ライフ

北海道・小樽で変異株疑い1人 道内の疑い例9人に

国立感染症研究所が分離した、英国由来の新型コロナウイルスの変異種(同研究所提供)
国立感染症研究所が分離した、英国由来の新型コロナウイルスの変異種(同研究所提供)

 北海道小樽市は6日、同市内で確認された新型コロナウイルス感染者のうち、変異株に感染したと疑われる例が1人いたと発表した。すでに入院しており、濃厚接触者全員が陰性と確認されたとしている。

 同市によると、変異株に感染した疑いのある札幌市の感染者と濃厚接触があったため、道立衛生研究所(道衛研)にスクリーニング検査を依頼していた。同市は確定判断のため、国立感染症研究所(感染研)へ検体を送付した。

 道衛研では変異株に感染した疑いのある小樽市1人と札幌市8人の計9人について、ウイルスの遺伝子解析を行う。最終的な確定判断は感染研で行われ、その結果を札幌市と小樽市が公表する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ