PR

ライフ ライフ

北海道で1人死亡、47人感染 札幌市長「リバウンド懸念」

記者会見で変異株検査に力を入れる方針を示す札幌市の秋元克広市長=6日午後3時5分ごろ、同市役所(寺田理恵撮影)
記者会見で変異株検査に力を入れる方針を示す札幌市の秋元克広市長=6日午後3時5分ごろ、同市役所(寺田理恵撮影)

 北海道と札幌、小樽、函館の各市は6日、道内で新型コロナウイルスに感染した1人が死亡し、新たに47人の感染が確認されたと発表した。道内の死者は計691人、感染者は延べ1万9388人(実人数1万9339人)となった。

 札幌市は6日、新型コロナ感染症対策本部会議を開き、秋元克広市長が「年度末に向けて人の移動や会食機会が増加する。感染リスクが高まることによるリバウンドが懸念される」として感染防止行動を改めて呼びかけた。変異株に感染したと疑われる陽性者が8人いることも明らかにした。

 6日に死亡が確認されたのは道発表分の80代男性。新たな感染者は、札幌市23▽小樽市3▽函館市1▽石狩地方6▽後志(しりべし)地方2▽上川地方4▽十勝地方6▽釧路地方2-の47人。旭川市では新たな感染者が確認されなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ