PR

ライフ ライフ

漁船でクラスター、乗組員10人が新型コロナ感染 静岡

 静岡県内に停泊中の漁船で乗組員10人が新型コロナウイルス検査で陽性になり、5日、クラスター(感染者集団)の発生が認定された。県によると、出港前の抗原検査は全員が陰性だったが、出港5日後に1人が発熱し、船を戻した。船外の濃厚接触者はいない。ウイルス量が少なかったなどの理由で検査をすり抜けていたとみられる。

 一方、静岡県内では5日、静岡市が入院中の高齢男性1人の死亡を確認したと発表した。県内の関連死者は計95人となった。また新規感染は23人判明した。居住地別で浜松市4人、伊東市と伊豆の国市で各3人など。静岡市は約4カ月ぶりに2日連続ゼロだった。

 県の5日正午現在のまとめでは、65人が入院中で、対応病床使用率は15・7%。また4日夕方時点で、入院先を調整中などの自宅待機者は14人、自宅療養者は66人となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ