PR

ライフ ライフ

日本兵ら8人の遺骨発見 沖縄の洞窟、戦没者の仮埋葬地か

旧日本軍陣地で見つかった遺骨=沖縄県糸満市(川瀬弘至撮影)
旧日本軍陣地で見つかった遺骨=沖縄県糸満市(川瀬弘至撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 沖縄県糸満市にある旧日本軍の洞窟陣地から、戦死した日本兵や幼い子供とみられる約8人分の遺骨が見つかったことが4日、分かった。同じ場所でこれほど大量の遺骨が見つかることは近年珍しく、収集したボランティア団体では、戦没者の仮埋葬地だった可能性もあるとみている。

 発見したのは青森県在住のフォトジャーナリスト、浜田哲二さん(58)と妻の律子さん(56)が主宰する遺骨収集のボランティア団体。糸満市にあるガマ(洞窟)の奥で、堆積した大量のごみなどを取り除いたところ、2月下旬から3月初めにかけ、成人6柱、子供約2柱の遺骨が出てきた。

 金歯をはめた遺骨も見つかり、裕福だったか、下士官以上だった可能性もある。遺骨のほか軍靴、薬莢(やっきょう)、水筒、キセル、当時のビール瓶、「中川」の姓が刻まれた万年筆など、多数の遺品も見つかった。

 現場のガマは、沖縄戦で最後まで奮戦した歩兵第32連隊第1大隊の陣地の一つで、遺骨の状況から哲二さんは「戦死した日本兵を運び込み、仮埋葬する場所にしていたのではないか」と推測する。子供の遺骨については、近くで死亡して放置されているのを哀れに思った日本兵が、運び込んだ可能性もあるという。

 哲二さんらは今後、厚生労働省に遺骨のDNA型鑑定を要請し、身元の確認に努めたいとしている。

 沖縄県によると、県内での遺骨収集数は年々減少傾向にあり、昨年度は59柱だった。沖縄戦の戦没者計18万8136人のうち、昨年3月末現在で18万5346柱が収集されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ