PR

ライフ ライフ

二重マスクの効果は限定的 スパコン富岳が分析

その他の写真を見る(1/4枚)

 新型コロナウイルス感染予防で、マスクを二重に着けても不織布マスク1枚を隙間なく装着した場合と効果はほとんど変わらないことが、理化学研究所が運用するスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」を使ったシミュレーションで分かった。理研などが4日、研究成果を発表した。

 研究によると、不織布マスクは飛沫(ひまつ)を捕集する性能が高いが、装着の仕方によって効果に大きな違いが出るという。

 不織布マスクには、「ノーズフィッター」などと呼ばれる鼻周りにマスクを密着させるための細い金具が付いているものが多い。これを鼻の形に合わせて折り曲げてマスクを隙間なく装着した場合、飛沫の捕集率は85%だが、全く曲げずに隙間が空いていると69%までに下がるという。

 こうした緩めの装着状態にウレタンマスクを重ねると、内側の不織布マスクが顔にフィットすることなどから性能は20%向上し、89%程度となることがシミュレーションで示された。ただ、不織布マスクを隙間なく着けた場合との差はわずか4%だった。

 二枚を重ねればフィルターの性能は上がるが、空気抵抗が増すため隙間から飛沫が漏れる量が増え、結果として捕集効果はあまり上がらないという。

 理研チームリーダーで神戸大教授の坪倉誠氏は「きちんと着けようと意識を持つことで性能はかなり変わる」と話し、不織布マスクなど性能の高いマスクを密着するように着けることが重要だと指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ