PR

ライフ ライフ

【動画あり】阪神電車「赤胴車」が団地の新シンボルに 兵庫・西宮

 阪神電鉄で長年愛され、昨年引退した車両「赤胴車(あかどうしゃ)」が新たに団地の集会所などとして活用されることになり、4日、尼崎車庫(兵庫県尼崎市)から都市再生機構(UR)武庫川団地(同県西宮市)に移送された。阪神電鉄のシンボルは今夏から「団地のシンボル」に生まれ変わる。

 昭和33年にデビューした赤とクリーム色の車体は、少年剣士の活躍を描いた当時の人気漫画「赤胴鈴之助」になぞらえ、赤胴車の愛称で親しまれてきた。

 昨年6月、武庫川線での運行を最後に全車両が引退。他の車両は全て廃車され、現存する最後の一両となる。

 UR都市機構兵庫エリア経営部の団地マネジャー、盛田欣哉さん(53)は「地域コミュニティーの中心として大切に保存していきたい」と話していた。

都市再生機構(UR)武庫川団地に移送された阪神電鉄の「赤胴車」=4日午前、兵庫県西宮市(南雲都撮影)
都市再生機構(UR)武庫川団地に移送された阪神電鉄の「赤胴車」=4日午前、兵庫県西宮市(南雲都撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ