PR

ライフ ライフ

【スポーツ・健康のいま】運動しないのは遺伝子のせい!?

遺伝子解析の実験風景(立命館大提供)
遺伝子解析の実験風景(立命館大提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 このコラムを読まれている皆さんは“健康のために運動が良い”ということはよくご存じだろう。身体活動量を増やし、運動を実施することで、生活習慣病をはじめ、がんや認知症の発症リスクを下げられることは広く知られている。

 では、皆さんのうちどれだけが実際に「運動」をしているだろうか。厚生労働省が実施した令和元年の国民健康・栄養調査によると、習慣的に運動する人の割合は約3割にとどまり、運動を行動として起こすことの困難さがうかがえる。

 実は、このような「運動行動」は一部、「遺伝」の影響を受けていることが明らかになっている。オランダで約5万人の双子を対象に行われた研究で、運動行動の違いの34~41%が遺伝的な要因によってもたらされたと報告された。

 ヒトの遺伝情報は文字にすれば新聞約45年分にもなる膨大なものだが、私たちは、その中でも「レプチン受容体遺伝子」という摂食行動に関わる遺伝子の違いが運動行動の個人差に関与している可能性を示した。脳で感情や意欲に関わる「ドーパミンシステム系」の遺伝子が関与している可能性も指摘されており、これら目に見えない遺伝子上の個人差(遺伝子型の違い)が、さまざまな生体内のメカニズムを介して「運動行動」という、目に見える事象に差をもたらしていると思うと興味深い。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ