PR

ライフ ライフ

嘱託警察犬の指導者3人に感謝状  奈良県警 

感謝状を贈られた(左から)武田格久さん、大森弘士さん、三輪あつみさん=奈良市
感謝状を贈られた(左から)武田格久さん、大森弘士さん、三輪あつみさん=奈良市

 昨年、事件の捜査や行方不明者の捜索に複数回出動し、大きく貢献したとして奈良県警は、嘱託警察犬の指導者3人に感謝状を贈呈した。

 感謝状を贈られたのは、関西ドッグスクール(奈良県斑鳩町)の三輪あつみさん(25)、京奈和ドッグスクール(同県大和郡山市)の大森弘士さん(36)、郡山警察犬訓練所(同)の武田格久さん(47)。

 昨年の嘱託警察犬の登録頭数は計30頭で、出動件数は計96件。そのうち、三輪さんは計16回、大森さんは計14回、武田さんは計12回出動した。また、武田さんは嘱託警察犬とともに昨年8月、行方不明になった大和郡山市の高齢男性を無事に発見した。

 この日は、3人が嘱託警察犬とともに贈呈式に出席。県警の中岡伸一刑事部長が「皆さまに心からの敬意と感謝を申し上げます」と述べ、感謝状を手渡した。3人は「感謝状をいただけてうれしい。これからも精進していきたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ