PR

ライフ ライフ

許八段が難戦制し先勝 大和ハウス囲碁十段戦第1局

【囲碁「第59期十段戦五番勝負」第1局】 対局に臨む芝野虎丸十段(右)と許家元八段=2日午前、大阪府東大阪市の大阪商業大学(沢野貴信撮影)
【囲碁「第59期十段戦五番勝負」第1局】 対局に臨む芝野虎丸十段(右)と許家元八段=2日午前、大阪府東大阪市の大阪商業大学(沢野貴信撮影)

 囲碁のタイトル戦「大和ハウス杯 第59期十段戦五番勝負」(産経新聞社主催)の第1局が2日午前9時半から大阪府東大阪市の大阪商業大学で行われ午後5時44分、許家元(きょ・かげん)八段(23)が205手までで、防衛を目指す芝野虎丸十段(21)=王座=に黒番中押し勝ちし、初の十段奪取へ発進した。持ち時間各3時間で、残りはともに1分。第2局は24日、滋賀県長浜市のホテル&リゾーツ長浜で行われる。

 11年連続開催となった同大での開幕戦。62手まで進んだ午前中は、四隅の大場を打ちあう様子見の穏やかな展開になった。

 形勢が揺れ動く中、中央白142が芝野の気迫の一着で流れを引き寄せる。

 ただ、持ち時間が少なくなるなか、芝野に見損じが出る。芝野が中央に白170、172と打った局面は133の左に打ったほうがよかったよう。許が左辺黒175から181と鮮やかに決め、逆転勝ちした。

 対局後、許八段は「いつもより時間の使い方を意識して戦った。第2局も厳しい戦いになると思う」、芝野十段は「最後にチャンスがあったのに逃したのが残念」と話した。

大和ハウス杯十段戦特別記念対談「芝野虎丸十段×芳井敬一社長」

囲碁 棋譜再現(Windows版のみ)手順のみ

囲碁 棋譜再現(Windows版のみ)解説あり(SANKEI-EGG ver8.20以降)

囲碁 棋譜再現(スマホ観戦ビューワ)

※初めてご利用の方は対局・観戦アプリ「SANKEI-EGG」をインストール(無料)してからご利用ください。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ