PR

ライフ ライフ

コアラの「みどり」が世界一、ギネスが長寿認定 兵庫

世界最高齢の飼育コアラに認定された「みどり」(淡路ファームパーク イングランドの丘提供)
世界最高齢の飼育コアラに認定された「みどり」(淡路ファームパーク イングランドの丘提供)

 国内で飼育されるコアラの最高齢記録を2月に更新した兵庫県・淡路島の観光施設「淡路ファームパーク イングランドの丘」(同県南あわじ市)の「みどり」(24歳、雌)が、世界最高齢の飼育コアラとしてギネスワールドレコーズ社に認定された。同園や県、市が2日発表した。14日に同園で認定式典を開く予定。

 みどりは1997(平成9)年にオーストラリア・西オーストラリア州で誕生。2003(15)年に県と姉妹都市を結ぶ同州から寄贈された。

 同園によると、みどりは人間の110歳以上に相当。これまでオーストラリアの保護区で飼育されたサラ(1978-2001年)が登録されていたが、同社から「史上最高齢の飼育されたコアラ」と「存命中の最高齢の飼育されたコアラ」として、1日付で長寿ギネス世界記録更新の認定を受けたという。

 田原和彦所長は「みどりは現在も展示場の木につかまり、餌のユーカリを食べるなど現役で、コアラの世界では驚きの存在。元気な姿を見に来てほしい」とアピールする。

 同園は新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、4日まで臨時休園中。5日から通常営業に戻る。問い合わせは同園(0799・43・2626)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ