PR

ライフ ライフ

JR社員2人陽性で函館線31本運休 北海道で29人感染

北海道庁=札幌市中央区
北海道庁=札幌市中央区

 北海道と札幌市は1日、道内で新型コロナウイルスに感染した2人が死亡し、新たに29人の感染が確認されたと発表した。道内の死者は計679人、感染者は延べ1万9122人(実人数1万9074人)となった。

 また、JR北海道は1日、2月25日と28日に社員計2人の感染が判明したとして、函館線の快速ニセコライナーと普通列車計31本を運休とした。約900人に影響が出る。同じ休憩場所を使用していた多数の社員が検査の対象となり、陰性と確認されるまで乗務できないとしている。

 同社によると、感染した2人は倶知安(くっちゃん)保線管理室に勤務。函館線長万部(おしゃまんべ)-小樽間の線路メンテナンスや除雪作業に従事し、業務中は常時マスクを着用していた。

 1日に死亡が確認されたのは、いずれも道発表の80代男性と性別や年代が非公表の1人の計2人。

 新たな感染者は、札幌市10▽石狩地方4▽後志(しりべし)地方5▽胆振(いぶり)地方3▽十勝地方3▽釧路地方1▽千葉県在住者2▽東京都在住者1-の29人。旭川、小樽、函館の3市では新たな感染者が確認されなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ