PR

ライフ ライフ

久保山さん悼み墓前祭 ビキニ被ばく67年、静岡

米国のビキニ水爆実験で被ばくし、治療中の「第五福竜丸」乗組員の久保山愛吉さん=1954年9月
米国のビキニ水爆実験で被ばくし、治療中の「第五福竜丸」乗組員の久保山愛吉さん=1954年9月

 米国のビキニ水爆実験で静岡県焼津市の遠洋マグロ漁船「第五福竜丸」の乗組員が被ばくしてから67年となった1日、被ばく半年後に亡くなった無線長久保山愛吉さん=当時(40)=を悼む墓前祭が、墓のある弘徳院(同市)で営まれた。

 例年、千人以上がJR焼津駅から弘徳院まで約2キロを歩く墓参行進は、新型コロナウイルスの影響で2年続けて中止となった。

 午後には核兵器廃絶を目指す「3・1ビキニデー集会」がオンラインで開かれ、元乗組員の大石又七さん(87)がメッセージを寄せる予定。

 昭和29年3月1日、マーシャル諸島のビキニ環礁で米国が水爆「ブラボー」を実験。周辺で操業していた第五福竜丸の乗組員23人が被ばくした。元機関士の池田正穂さんが昨年2月に87歳で亡くなり、存命中の元乗組員は3人となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ