PR

ライフ ライフ

ワクチン第3便到着 ファイザー製52万回分 医師らへの接種に使用

ベルギーのブリュッセルから到着した米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルス感染症ワクチンの第3便=1日午前、成田空港(納冨康撮影)
ベルギーのブリュッセルから到着した米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルス感染症ワクチンの第3便=1日午前、成田空港(納冨康撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルスワクチンの輸入第3便が1日、全日空機でベルギーから成田空港に到着した。米製薬大手ファイザー製で最大52万6500回分(1瓶当たり6回分の場合)。政府はこれを含めて最大約266万回分が3月中に届くという。コロナ患者の治療や搬送に関わる医療従事者への「優先接種」に使われる。

 優先接種の対象となる医療従事者は470万人と推計されており、本格的に始まるのは各都道府県にワクチンが発送される1日の週以降になる。65歳以上の高齢者3600万人を対象とした接種は4月12日に始まる予定。河野太郎行政改革担当相は医療従事者470万人と高齢者が2回接種するのに必要なワクチンを6月末までに全国の自治体に届ける方針を表明している。輸出元の欧州連合の承認が得られることが前提となるが、ファイザーと大枠で合意したという。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ