PR

ライフ ライフ

【書評】『やけに植物に詳しい僕の 街のスキマ植物図鑑』瀬尾一樹著

 コンクリートや植え込みの隙間、電車のホームの下、古いビルと塀の間のほとんど日の当たらないスペースなど、あらゆるところで見かける、いわゆる「雑草」。本書は、そんな街の隙間でみつかる植物114種類の名前とその生きようを紹介している。

 これからの季節だと、ホトケノザやヤハズエンドウの紫がかったピンク色の花が空き地や土手沿いに見られるはずだ。「ただ名前を知るだけでも、知り合いが増えるみたいで楽しい。観察するたびに新しい発見がある」と著者がいうように、本書片手に散歩をするだけで、新しい出会いと発見が楽しめる。(大和書房・1500円+税)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ