PR

ライフ ライフ

【女子の兵法・小池百合子】「臨機応変」に戦い勝つ

 その前に、新型コロナウイルスとの戦いを収束させていかねばならない。東京の新型コロナ新規陽性者数は、2度目の緊急事態宣言下における医療現場や国民のご協力によって7日間平均が300人を切った。2月23日に開いた東京、千葉、神奈川、埼玉の知事によるオンライン会議では、減少スピードの鈍化や、変異株の広がりなどリバウンドが懸念されることから、引き続き感染防止対策を「トコトン徹底」することを確認した。

 孫子の兵法にある「戦いは、正を以(もっ)て合し、奇を以て勝つ」は、臨機応変に戦うことの大切さを教えてくれる。

 残念ながら、新型コロナウイルスを今すぐに世界中から消し去る魔法はない。しかし、それぞれの感染防止対策が徹底されていけば、状況は改善できることも分かっている。

 約100年前、第一次世界大戦や世界各地で猛威をふるった「スペイン風邪」を乗り越えて開催されたベルギー・アントワープ五輪は「人類の団結と世界の平和」がテーマだった。わが国のみならず、世界中の人々による努力の先に、希望の火を灯(とも)し、「多様性と調和」を世界に向けて発信したい。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ