PR

ライフ ライフ

トヨタが燃料電池外販へ 今春から、水素普及狙う

 トヨタ自動車が全面改良して発売した燃料電池車のセダン「MIRAI(ミライ)」=東京都江東区(宇野貴文撮影)
 トヨタ自動車が全面改良して発売した燃料電池車のセダン「MIRAI(ミライ)」=東京都江東区(宇野貴文撮影)

 トヨタ自動車は26日、自社で開発した水素で電気をつくる燃料電池システムの外販に令和3年春に乗り出すと発表した。燃料電池車(FCV)の新型「ミライ」用に改良し、小型化した部品をまとめてシステム化し、外部の事業者が使いやすくした。鉄道や船舶、発電設備などの事業者向けに売り込む。

 水素は二酸化炭素(CO2)を出さない環境性が注目されている。燃料電池の普及を促進させ、水素の用途や利用量を増やし、補給所などのインフラ整備の機運を高める狙いもある。

 水素と酸素を反応させるスタックや、電気の出力を高めるコンバーターなどを箱状に収納。導入した事業者がモーターやバッテリーなどに簡単につなげるようにした。これまでは各部品をばらばらに販売していた。

 価格や販売目標は非公表。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ