PR

ライフ ライフ

仕出し弁当食中毒と断定 体調不良続出の静岡・沼津市立小で84人発症

 静岡県沼津市立沢田小学校で体調不良者が続出し授業が打ち切りになった問題に絡み、静岡県は22日、給食で出された仕出し弁当が原因の集団食中毒と断定し、裾野市の仕出し弁当店「菜花亭」に同日から当分の間、営業禁止を命じたと発表した。

 県東部保健所によると、患者は児童78人と教師3人、保護者3人の計84人。17日に鶏の照り焼き、鶏や卵のそぼろ、サラダ、大根の漬物などが入った同じ弁当を食べ、腹痛や下痢を訴えていた。食中毒菌のウエルシュ菌が検出されたが、全員快方に向かっているという。保護者の発症は、弁当が自費で、児童の早退や欠席で引き取ったためとみられる。

 同小では給食施設の工事中で、12日から仕出し弁当か弁当持参としていた。

 静岡県内の食中毒発生は今年に入って第1号となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ