PR

ライフ ライフ

自民、1回接種の可否検討 新型コロナワクチン

 自民党の下村博文政調会長は22日、新型コロナウイルスのワクチンに関するプロジェクトチーム(PT)などの合同会議を開き、米ファイザー製ワクチンの接種回数を、海外の調査結果に基づき2回から1回に減らす案の可否について「党でも検討していこう」と述べた。政府内には慎重意見もあり、今後の供給状況も踏まえ議論を進める。

 会議終了後、PTの古川俊治事務局長が記者団に明らかにした。古川氏は回数変更について「政治的な判断になる。ワクチンの数が限られれば、1回分を広く皆さんに打った方が公平との考え方がある」と指摘。会議でも同様の意見が複数出たとしつつ、供給が安定し「(変更が)憂慮に終わることを期待している」とも述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ