PR

ライフ ライフ

女性支援「使いやすく」 厚労省、情報発信へ初会合

厚生労働省=東京都千代田区
厚生労働省=東京都千代田区

 厚生労働省は22日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で失業するなど困窮している女性らをめぐり、支援制度の情報発信強化に向けたプロジェクトチームの初会合を開いた。出席者から、制度を使いやすくするため「利用者目線の広報を」といった指摘が相次いだ。

 女性や非正規労働者を中心に雇用情勢が悪化し、政府はさまざまな支援策を展開している。必要とする人に制度の情報が届いていないとの指摘があり、有効な発信方法を話し合う。チームのリーダーを務める三原じゅん子厚労副大臣は冒頭「困っている一人一人に必要な支援を行き渡らせたい」と述べた。

 この日は、雇用や人材開発を議論。休業手当の一部が補填(ほてん)される雇用調整助成金などの施策が悪化に歯止めをかけていると前向きに評価した上で、支援が届くまでの手続きの改善を重視すべきだとの意見が多く出た。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ