PR

ライフ ライフ

高卒生の求人、コロナで減少 来年度以降に暗雲

コロナ下で減った求人票を調べる大阪市立泉尾工業高校の女性教諭。「怖いのは来年度以降」という=大阪市大正区(前川純一郎撮影)
コロナ下で減った求人票を調べる大阪市立泉尾工業高校の女性教諭。「怖いのは来年度以降」という=大阪市大正区(前川純一郎撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大が、高校生の就職活動に影を落としている。昨年3~5月の臨時休校を考慮し、十分な準備期間を設けるために採用選考の解禁日が全国的に1カ月延長されたが、求人数は減少。内定率は8割を超えるなど昨年と大差ないが、就職を断念し進学するケースもあるとみられる。検討が進められてきた就活ルールの見直しにも影響を与えそうだ。

「今年は乗り切ったけれど」

 「鉄道や製造ではコロナの影響で求人が減った。本当に行きたい就職先があっても、行けなかった子もいる」。大阪市立泉尾工業高校で進路指導を担当する阿津坂(あつさか)理沙教諭は苦しい表情を浮かべた。

 例年は履歴書の記入方法や面接の練習などの就活指導は夏休みに行うが、今年度は臨時休校の影響で夏休みが短縮に。このため、授業と並行して実施し、急遽(きゅうきょ)オンライン面接の対策も指導したが、10月の選考解禁後、各自が1回目に臨んだ選考での内定率は75%で、前年の91%から大きく減少した。

 現在は大半の生徒が内定しており「今年度の3年生はなんとか乗り切った。ただ、怖いのは来年度以降」と同教諭。同校では1年生の夏ごろから企業説明会に出席させるなど、早めのスタートで対応する予定だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ