PR

ライフ ライフ

北海道で6人死亡、34人感染 札幌で職場クラスター発生

北海道庁
北海道庁

 北海道と札幌、旭川の両市は20日、道内で新型コロナウイルスに感染した6人が死亡し、新たに34人が感染したと発表した。札幌市は同日、新たなクラスター(感染者集団)が市内の建設関連会社で発生したことを明らかにした。

 札幌市によると、この会社の感染者は30~60代の従業員6人で、いずれも軽症。16日に従業員1人が陽性と判明し、濃厚接触者の検査を実施したところ、同じ会社の従業員5人も陽性と確認された。

 同市は6人の行動歴から職場のクラスターと認定し、感染経路を調査している。6人は20日の新規感染者に含まれていない。

 20日までの道内の死者は計656人、感染者は延べ1万8751人(実人数1万8706人)となった。

 20日に死亡が確認されたのは、いずれも道発表分の60代男性と80~90代女性5人の計6人。

 新たな感染者は、札幌市14▽旭川市7▽空知地方2▽石狩地方9▽上川地方1▽留萌地方1-の34人。小樽市と函館市では新たな感染者が確認されなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ