PR

ライフ ライフ

昨年の茶生産、静岡県がトップ死守 鹿児島猛追の構図変わらず

 僅差で静岡が全国シェア1位を死守-。農林水産省が19日発表した令和2年産の茶の生産統計で、日本一の茶生産を誇る県内の荒茶生産量は前年比15%減の2万5200トンだった。2位の鹿児島県は2万3900トンで、その差はわずか1500トンに迫られたものの、両県ともに新型コロナウイルスの感染拡大に伴う販売低迷で生産量が落ち込み、順位に変動はなかった。

 全国シェアでみても、静岡は36%(前年比3ポイント減)とトップを堅持。2位の鹿児島も34%(同4ポイント減)と順位に変動はなかったが、そろって落ち込んだ。

 全国の荒茶生産量は6万9800トンで、前年に比べて1万1900トン、15%減少した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ