PR

ライフ ライフ

専門職大学「名称しか知らない」4割

 大学や専門学校などの進学情報を提供するさんぽう(本社・東京都渋谷区)は平成31年4月に始動した専門職大学の認知度について、進学指導を行う高校教員を対象にしたアンケートを実施。その結果、「名称しか知らない」が約4割。進学指導の際、選択肢として提案できていない実態が浮き彫りになった。

 調査は昨年11月、全国の高校4992校に実施。回答枚数419枚、回答率は9.3%。専門職大学は理論と実践(実習)を両立させながら、学士を取得できる教育機関。大学制度として短大以来55年ぶりの創設となり注目を集めた。

 『専門職大学についてどの程度知っているか』という質問に対し、「よく知っている」「概ね知っている」が合わせて51.3%。「名称だけは知っている」は41.2%で、制度への理解が深まっていない現状もみてとれるという。

 専門職大学・短期大学への進学希望者への指導スタンスについても、「どちらかというと他の教育機関を勧めた」「生徒に一任」が計46.1%。積極的に勧められない理由として、「既存の教育機関との違いがわからない」「就職が不安」といった声が寄せられた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ