PR

ライフ ライフ

【ゆうゆうLife】お笑いコンビ「EXIT」のりんたろー。が語る介護の仕事

「介護の仕事は大変じゃない、って言ったら嘘になるけど、僕にとっては楽しい時間だった」と語る、りんたろー。さん(三尾郁恵撮影)
「介護の仕事は大変じゃない、って言ったら嘘になるけど、僕にとっては楽しい時間だった」と語る、りんたろー。さん(三尾郁恵撮影)

 お笑い第7世代として、若手芸人の中でも特に注目を集めるお笑いコンビ「EXIT」のりんたろー。さん。ブレーク前には8年間、介護事業所でアルバイトをしていた。そんな、りんたろー。さんに介護の仕事について聞いた。

■お笑いのエネルギーに

 りんたろー。さんがお笑い芸人と並行してデイサービス事業所(デイ)でアルバイトを始めたのは23歳のとき。近隣に開業するデイの職員に応募した。

 「おばあちゃん子だったし、オープニングスタッフなら何とかやれるかも、チャラ男と介護のコラボも何か面白いものが生まれるかも、と思いました」

 経験豊富な介護スタッフらに教わりながら仕事を開始。「不安だった排泄(はいせつ)ケアは、やってみたら全然平気。急にお笑いの仕事が入っても、仲間が応援して送り出してくれました」

 とはいえ、当時は本業のお笑いは順調ではなかった。「しんどい、つらいといった負の感情が大きくて、介護のバイトが大切な時間でした」

 当時のコンビを解消し、お笑い芸人としての行く末に悩んでいたころ、デイを利用する要介護の男性にふと言われた。「兄ちゃん、芸人なんだって? 頑張れよ」。それを聞き、「まだ頑張れる」と思い直した。

 介護の仕事は、「ほっこりした瞬間に出合える」(りんたろー。さん)のが魅力だという。

■「一番優しい子」

 りんたろー。さんが介護の仕事を選んだ背景には、祖母との温かな関係がある。北海道に住む80代の祖母は昔から「りんちゃんは、一番気持ちが優しい子だよ」と何度もほめてくれた。サッカーでプロを目指していた学生時代も、売れっ子芸人となった今も連絡を欠かさない。「最近、めちゃくちゃ頻繁にかかってくるんですよ。毎日電話してます」

 電話に向かうりんたろー。さんの声は穏やかで優しい。お笑いで見せる明るく刹那的な「チャラ男」とは正反対だが、「どっちも『自分』。すごく自然なんです」と笑う。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ