PR

ライフ ライフ

北海道・滝川の2階建てビルで集団感染

北海道庁
北海道庁

 北海道は18日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が新たに空知地方・滝川市の2階建てビルで発生したと発表した。入居する複数の事業所で20~40代の従業員計5人の感染が確認された。症状はいずれも軽いか無症状。

 道によると、このビルには同系列の事業所5社が入居。感染した5人はビル内の共用スペースで行われた打ち合わせに参加しており、道はビルで発生したクラスターと認定した。

 今月15日に従業員1人が陽性と判明し、道はビル内の5社に勤務する従業員45人の検査を実施した。

 このビルでは共用部分の定期的な消毒が行われていたが、打ち合わせ中に一部の従業員間の距離が近かったほか、換気が不十分だった可能性があるという。

 北海道では18日、3人の死亡と32人の感染が確認された。札幌市の介護老人保健施設でも感染者14人のクラスターが発生。この日、道内で確認されたクラスターは2件となった。

 18日までの道内の死者は計647人、感染者は延べ1万8674人(実人数1万8629人)となった。18日午後6時時点の患者数は721人で、このうち13人が重症。

 18日に死亡が確認されたのは、道発表分の90代男女3人。新たな感染者は、札幌市20▽旭川市4▽小樽市1▽恵庭市1▽千歳市1▽釧路市1▽空知地方2▽上川地方2-の32人。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ