PR

ライフ ライフ

外の酒盛り、ランチならOK? 誤解されるメッセージ

 こうした現象はいずれも、本質からはかけ離れた解釈によるものだ。原田氏は「会食や外出は、誰もが本当は自粛したくない。だからこそ揚げ足を取るような解釈や、隙間を縫うような行動が起きる」と指摘する。

 医療体制の逼迫(ひっぱく)は解消のめどが立っておらず、自粛生活はまだ続く見通しだ。メッセージを発する側は、どんな点に注意すべきなのか。原田氏は「とってほしい行動を、具体的に伝える方が効果的だ」とし、「避けることや控えることを示すと、どうしても抜け道ができてしまう。黙って食事をする、テレワークをするなど、とるべき行動を具体的に示す方が伝わりやすい」と指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ