PR

ライフ ライフ

17日からワクチン接種開始 まず4万人の医療従事者に

ワクチン接種に関して会見する河野太郎行政改革担当相=16日午後、東京都千代田区(三尾郁恵撮影)
ワクチン接種に関して会見する河野太郎行政改革担当相=16日午後、東京都千代田区(三尾郁恵撮影)

 政府は17日、米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの先行接種を始める。河野太郎ワクチン担当相は16日の記者会見で、医療従事者を対象にした先行接種について、最大2万人を想定していた対象者が約4万人に上ったと発表した。ファイザー製ワクチンの第2便が来週に到着することも明らかにし、「一人でも多くの方に接種していただくことを期待したい」と述べた。

 先行接種は安全性確認が目的で、100の医療機関で接種に同意した医師らが対象。想定の2倍の希望者が集まったが、安全性確認調査は当初の予定通り2万人を対象に実施する。河野氏は2回目の接種は3月10日から始まると説明した。

 河野氏はまた、欧州連合(EU)の「輸出透明性メカニズム」でファイザー製ワクチンの日本向け輸出第2便が承認されたと発表した。来週中に到着するが、数量は明かさなかった。

 政府は先行接種終了後、感染者の診療にあたる医師や看護師など約370万人に接種。4月以降は65歳以上の高齢者ら約3600万人に接種を進め、その後に一般国民が対象となる。

 零下75度での保管が必要なファイザー製ワクチンのためのディープフリーザー(超低温冷凍庫)に関し、河野氏は今月中に全国約1500の医療機関に配備が完了するとした。河野氏はワクチン1瓶当たりの接種回数を6回にするための特殊な注射器について「必要量の確保に向け鋭意、努力をしている」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ