PR

ライフ ライフ

「ファイナルファンタジー」天野氏による法華経画 日蓮宗の依頼で制作

天野喜孝氏による「法華経画」
天野喜孝氏による「法華経画」

 鎌倉時代の仏僧で日蓮宗の開祖、日蓮(1222~82年)の生誕から16日、数えで800年を迎える。その記念事業の一環として、日蓮宗が著名イラストレーターの天野喜孝氏に制作を依頼していた法華経画が完成した。高さ189センチ×幅151センチ。千葉県鴨川市の誕生寺宝物館で16、17日の両日、無料で一般公開される。

 天野氏はアニメなどのキャラクターデザイン、ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズのイメージイラストなどで知られている。完成した法華経画について日蓮宗は、「天野氏の幻想的なタッチで、圧倒的な迫力と繊細さが共存しながら法華経の世界を見事に再現した作品」と説明している。

 日蓮宗は16日、オンラインで参列可能なリモート参加型の大法要などを行う予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ