PR

ライフ ライフ

「わずかに寒けと微熱、翌日には回復」ファイザーワクチン接種の在米邦人女性

 50代以上の同僚は大半が接種済みか予約待ち。「接種しない考えの人は若手や妊娠中の数人。職場の4人にひとりほどで、思ったより少ない」と話す。

 コロナの影響で女性は1年以上も帰国できず、高齢の母親にも会えていない。「接種が進み、米国も日本も、感染が収束に向かってくれたら」と話した。

 米国では人口の約1割の約3580万人が1回以上接種を終えたが、一般の人への接種はまだ始まっていない。供給の遅れが懸念される中、米政府は7月末までにほぼ全ての国民に、ファイザーと米モデルナ製のワクチンを供給するとの見通しを明らかにしている。(石川有紀)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ