PR

ライフ ライフ

コロナ死者国内初確認から1年 第3波で拡大、7000人に迫る

国内の累計死者数
国内の累計死者数
その他の写真を見る(1/3枚)

<グラフィックを拡大>

 新型コロナウイルス感染症の死者が国内で初めて確認されてから13日で1年。昨年11月ごろからの「第3波」の感染拡大に伴い、死者数の増加ペースが加速し、全国の累計では7千人に迫る。重症化リスクの高い高齢者ほど死者数が多く、家庭内感染や高齢者施設などでのクラスター(感染者集団)の発生を防ぐことが求められる。

 厚生労働省によると、月別の死者数は、昨年2月5人▽3月51人▽4月359人▽5月477人▽6月81人▽7月37人▽8月285人▽9月275人▽10月195人▽11月373人▽12月1321人▽今年1月2261人▽2月1052人(11日時点)。昨年11月以降で7割を占めている。

 累計の死者数が2千人増えるのにかかる日数も次第に短縮。2千人に達したのは11月24日で、最初の死者が出てから286日だったが、47日後の今年1月10日に4千人、24日後の今月3日には6千人を超えた。

その他の写真を見る(2/3枚)

 性別では男性が女性の1・5倍で、海外の研究では免疫力の差が影響しているとされる。年代別の割合は90代以上23%、80代41%、70代24%、60代8%となっており、高齢者のリスクが際立つ一方、国内では10代以下で亡くなった人はいない。

 都道府県別(11日時点)では東京1099人、大阪1037人、北海道630人、神奈川590人など大都市圏に集中している。

 第1~3波を通して、感染者の増加に1~2週間遅れて重症者が増え、さらに遅れて死者が増大する傾向がみられる。第3波では緊急事態宣言の再発令により、感染者数は減少に転じたが、重症者数は1月26日の1043人まで増え続け、1日当たりの死者数は今月10日に121人と過去最多を更新した。

 厚労省に助言する専門家組織は11日、重症者数や死者数が減少傾向にあるとしながら、「感染者数に占める60歳以上の割合が上昇しており、重症者や死者の減少が遅れる可能性がある」との評価を示した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ