PR

ライフ ライフ

警察扱い遺体の感染、1月急増132人

警察庁
警察庁

 自宅や高齢者施設、外出先などで死亡し、全国の警察が今年1月、事件性の有無の確認などで取り扱った遺体のうち新型コロナウイルスに感染したのが132人に上ることが12日、警察庁への取材で分かった。昨年12月は56人で急増していたという。

 警察庁によると、今年1月の132人のうち56人は生前にPCR検査を実施して陽性が判明。76人は感染の疑いがあるなどとして死後の検査で明らかになったという。

 また、123人は高齢者施設や会社の寮、自宅などで体調が悪化して死亡。9人は外出先で倒れるなどした。男性は95人で、女性は37人だった。

 都道府県別では、東京都が46人と最多。神奈川県19人、千葉県15人、大阪府10人が続いた。

 警察庁によると、昨年3月に初めて感染した遺体を確認。4月は21人、5~11月は10人以下で、12月は56人だった。今年1月は急増したが、2月は10日現在で7人だといい、減少傾向にある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ