PR

ライフ ライフ

札幌、施設のクラスター拡大…北海道で2人死亡、92人感染

北海道庁
北海道庁

 北海道と札幌、旭川、小樽、函館の各市は11日、道内で新型コロナウイルスに感染した2人が死亡し、新たに92人の感染が確認されたと発表した。道内の1日当たり感染者は7日連続で100人を下回った。

 札幌市発表分の新規感染者は68人で、このうち41人は同市が1月27日にクラスターの発生を公表した障害者入所施設で確認された。この施設の感染者は計131人に拡大した。

 また、札幌市は11日、新たなクラスター(感染者集団)が介護保険施設で発生したと発表した。感染者はいずれも入所者の60~90代計6人で、酸素吸入が必要な中等症の患者も含まれている。

 同市内のクラスターとしては166件目。今月7日に入所者1人が陽性と確認され、濃厚接触した可能性のある入所者らを検査して判明。入所者50人と従業員41人の計91人は陰性と確認された。

 感染者6人は11日の新規感染者に含まれていない。札幌市は施設の特定につながるとして、この介護保険施設の種類を明らかにしていない。

 11日までの道内の死者は計630人、感染者は延べ1万8327人(実人数1万8282人)となった。

 新たに死亡が確認されたのは、札幌市の80代女性と道発表分の90代女性。新たな感染者は、札幌市68▽旭川市1▽小樽市4▽函館市5▽石狩地方13▽胆振(いぶり)地方1-の92人。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ