PR

ライフ ライフ

ロングセラー「ことばと文化」 言語学者の鈴木孝夫さん死去 94歳

鈴木孝夫さん(三尾郁恵撮影)
鈴木孝夫さん(三尾郁恵撮影)

 ロングセラーの言語文化論「ことばと文化」などで知られる言語学者の鈴木孝夫さんが10日、老衰のため死去した。94歳だった。葬儀は親族で行う。

 大正15年、東京生まれ。慶応大医学部予科修了後、文学部に転じて英文科を卒業。天才的言語学者として知られた井筒俊彦に師事した。同大助手、米イリノイ大客員教授、英ケンブリッジ大客員フェロー、慶応大教授などを歴任。

 昭和48年に岩波新書から刊行した「ことばと文化」は、日本語が日本の文化や社会構造と切り離しがたく結びついていることを、専門の言語社会学の視点から世界の諸言語と比較しつつ平易に説いてベストセラーに。以後、「武器としてのことば」「日本語は国際語になりうるか」など数々の著作を発表し、英語帝国主義批判や日本語の国際化など、言語政策から文明論まで幅広く論じた。

 他の著書に「閉された言語・日本語の世界」「人にはどれだけの物が必要か」など。岩波書店から代表作を収録した『鈴木孝夫著作集』(全8巻)が刊行されている。環境に配慮し物を使い捨てない「ミニマム生活」の提唱など自然保護活動でも知られ、日本野鳥の会顧問も務めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ