PR

ライフ ライフ

山梨で初の変異株疑い 独自のゲノム解析で判明

 山梨県は10日夜、県内の新型コロナウイルス患者1人について変異株感染が強く疑われると発表した。県立中央病院による独自のゲノム(全遺伝情報)解析で分かり、確定のため検体を国立感染症研究所に送った。

 山梨県内で変異株の疑いが分かったのは初めて。臨時記者会見した長崎幸太郎知事は「今のところ、この患者からの感染拡大は確認されていないが、行動歴などを詳しく調べる」と語った。

 国立感染症研でもゲノム解析が行われる。関係者によると、南アフリカ・ブラジル型変異株の疑いがあるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ