PR

ライフ ライフ

大阪府公立高一般選抜 63校で定員割れか

 大阪府公立中学校長会は10日、府内公立高校入試の第3回進路希望調査結果(1日現在)を発表した。対象は一般選抜に出願予定の公立中学3年生。一般選抜を実施する全日制高校は139校で、進学実績の高い文理学科に人気が集まる一方、63校で定員割れの可能性があるという。

 全日制全体で3万5006人の募集人員に対し、3万8546人が進学を希望した。普通科(単位制を除く)は2万122人の募集人員に対し2万3293人が進学を希望し、平均倍率は1・16倍。文理学科は3440人の募集に対し5064人が希望し、平均倍率は1・47倍となった。

 学校別で倍率が最も高いのは茨木(2・05倍)で、山田(2・00倍)▽春日丘(1・98倍)▽久米田(1・83倍)▽花園(1・79倍)-と続いた。

 一般選抜は、3月3~5日に出願を受け付け、10日に学力検査を実施する。合格発表は18日。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ