PR

ライフ ライフ

ハンガリー、東京五輪選手団にワクチン接種開始

 【パリ=三井美奈】東京五輪・パラリンピックに向けて、ハンガリー・オリンピック委員会が選手団に新型コロナウイルスのワクチン接種を開始した。同委員会の担当者は9日、本紙の取材に対し、「選手の安全を確保するための措置。できるだけ早く接種を終えたい」と述べた。

 この担当者によると、ワクチン接種は1月末に開始した。868人の選手団を対象としており、第一陣として、南アフリカでの合宿練習が迫っていたカヌー選手団ら約10人が接種を受けた。ワクチン接種は任意で、「接種に来なかった選手に、あえて理由を聞くことはしない」としている。

 使用されているワクチンは、欧州連合(EU)で販売が認可された米製薬大手ファイザー、米バイオ企業モデルナ製の計2種。来年の北京冬季五輪に出場を目指す選手への接種も、並行して行うという。

 担当者は「東京五輪の開催は、人類が新型コロナに打ち勝つことを示す絶好の機会になる。組織委員会を全面的に信頼している」と期待を示した。

 ロイター通信などによると、ハンガリーのほか、イスラエルやデンマーク、セルビアのオリンピック委員会が選手への接種に前向きな姿勢を示している。EUでは「今夏までに、成人人口の70%」を接種目標にしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ