PR

ライフ ライフ

花火大会に行きたい…描かれた思い 千葉・館山で絵画コンクール

 新型コロナウイルスの感染拡大で、子供たちが楽しみにしていた多くの行事が中止となるなか、千葉県の館山市青少年相談員連絡協議会は子供たちに希望をもってもらおうと、同市の小学生を対象に「コロナが落ち着いたら、やりたいこと」「コロナにも負けずにこんなことできたよ」をテーマにした絵画コンクールを実施した。

 127作品の応募があり、最優秀賞には房南小6年の芝田千花さんの「夏の花火大会」が選ばれた。市教育委員会によると、芝田さんの作品は、コロナが落ち着いたら、やりたいことがテーマ。市教委の担当者は「昨年中止になったためか、花火大会を描いた作品が多かった。子供たちは花火を見たいのでしょうね」と指摘する。最優秀賞など入賞作品の計20点は市ホームページで紹介されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ