PR

ライフ ライフ

静岡県内、コロナ病床使用率25%下回る

静岡県庁=静岡市葵区(那須慎一撮影)
静岡県庁=静岡市葵区(那須慎一撮影)

 静岡県は9日、新型コロナウイルスで入院中の患者1人の死亡を発表し、関連死者は計87人となった。新規感染は21人判明。うち浜松市が6人、静岡市が3人と発表したほか居住地別で富士市と磐田市が各3人など。

 県のまとめでは9日正午現在の入院者数は97人(うち重症2人)。2けたに減ったのは昨年11月中旬以来。コロナ対応病床の使用率も23・2%で約3カ月ぶりに25%を下回った。

 8日夕方時点の自宅療養は104人、入院調整中など自宅待機者は7人。

 ただ県の担当者は「医療機関にはまだ負担。最近は自宅療養が入院より多い」と指摘。自宅療養者が重い症状になることもあるとして「患者全体が減ることが負担軽減になる。県民には感染症対策をもうひと頑張りお願いしたい」と訴えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ