PR

ライフ ライフ

上野が囲碁女流棋聖を奪還

第24期女流棋聖戦三番勝負第3局で上野愛咲美扇興杯(右)は鈴木歩女流棋聖を破り、タイトルを奪還した
第24期女流棋聖戦三番勝負第3局で上野愛咲美扇興杯(右)は鈴木歩女流棋聖を破り、タイトルを奪還した

 囲碁の第24期女流棋聖戦三番勝負(日本棋院主催)の第3局が8日、東京都千代田区で行われ、挑戦者の上野愛咲美(あさみ)扇興杯(19)が148手までで、鈴木歩(あゆみ)女流棋聖(37)に白番中押し勝ちし、対戦成績2勝1敗で2期ぶりに奪還した。タイトル獲得は通算5期。

 第1局で敗れたあと連勝した上野は「第1局の内容がひどすぎたので、あとは楽しんで打とうと考えた。内容はきょうの(第3局)が一番よかった」と笑顔を見せた。

 一方、自身初の防衛を逃した鈴木は「力は出し切れたと思うが、愛咲美ちゃんが強かった。自分の力がおよんでいない。また挑戦できる機会があれば頑張りたい」と話した。

 対局当日のモーニングルーティンとして、この日も縄跳び777回をこなしてきたという上野。序盤で優位に立つと、そのまま押し切った。

 今後については「世界戦に参加できたら上のほう…できれば決勝くらいまで行きたい」と意欲を見せていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ