PR

ライフ ライフ

日産婦、着床前診断拡大へ最終案 「生命の選別」指摘も

 重い遺伝性の病気が子供に伝わらないように受精卵を選ぶ検査「着床前診断」を巡り、日本産科婦人科学会は7日、検査対象疾患を拡大する最終案を示した。関連学会などから意見を募って最終報告書をまとめ、内規を改定した後に運用を始める。健康な子供を望む夫婦の願いをかなえられるとの考え方がある一方で「生命の選別につながる」との指摘もある。

 最終案では従来あった年齢条件が削除されたが、日本神経学会は「対象範囲を大幅に拡大させる」として反対を表明。日産婦は検討を続ける。

 着床前診断は体外受精させた受精卵から一部の細胞を取り出し、特定の病気に関わる異常を調べる検査。これまで学会はデュシェンヌ型筋ジストロフィーなど重い病気に限定し、1例ずつ審査して認可してきた。

 学会は7日に開いた審議会で、「現時点で有効な治療法がない」「高度かつ侵襲度の高い医療が必要」といった条件で対象を拡大するとの案を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ