PR

ライフ ライフ

埼玉の11人、変異株感染 10歳未満6人、同一施設

国立感染症研究所が分離した、英国由来の新型コロナウイルスの変異型(同研究所提供)
国立感染症研究所が分離した、英国由来の新型コロナウイルスの変異型(同研究所提供)

 厚生労働省と埼玉県は5日、英国に滞在歴がない同県の11人が、英国で広がる新型コロナウイルスの変異株に感染したと発表した。このうち10歳未満の6人を含む10人は、同一施設の関係者だった。県によると、10歳未満の子供が通う施設で、この施設関連の濃厚接触者は計61人に上る。

 もう1人は30代女性で、1月28日に発症した。今月3日に変異株感染が報告された人の濃厚接触者だった。

 11人のうち10人が軽症で1人は無症状。10歳未満2人を含む6人が県内の医療機関に入院中で、5人は自宅や宿泊施設で療養中という。

 厚生労働省は「同一施設内で拡大したと推定される」とし、クラスター(感染者集団)が発生したとの見方を示した。一方で、県内で市中感染が広く起こっている証拠はないとの見解を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ