PR

ライフ ライフ

ごみ収集所の整備で行政区に設置補助 群馬・藤岡市

 地域の快適な生活環境づくりを支援するため、群馬県藤岡市は新年度から79行政区を対象に大型ごみ集積箱の設置について補助金を交付する事業をスタートさせる。

 市内のごみ収集所は1050カ所。うち約4割は該当する行政区の費用で大型ごみ集積箱(高さ2・3メートル、幅3メートル、奥行き1・5メートル)が設置されているが、その他は道路にはみ出たごみによって通勤通学者が支障をきたし、カラスなどによって散乱しているケースも見られている。

 行政区にとっては集積箱設置は費用負担を強いられていることから、市が各地区の要望などを吸い上げる「まちづくり懇談会」で区長らから設置費補助を求める声が強かったという。

 補助金は上限10万円で1行政区あたり年度内1回。集積箱の購入や建て替え、修繕費などにあてる。飛散防止用ネット購入費も対象となる。集積箱の価格は7万~10万円で、行政区の負担は大幅に軽減される。

 新年度当初予算案に500万円を計上する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ