PR

ライフ ライフ

陸自南恵庭駐屯地でクラスター発生 北海道・石狩地方

 北海道は4日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が新たに石狩地方・恵庭(えにわ)市の陸上自衛隊南恵庭駐屯地で発生したと発表した。道内の自衛隊のクラスターは7件目。

 道によると、感染者は10~40代の自衛隊員15人でいずれも軽症か無症状。15人は同じ部隊に所属し、共通した行動としてスキー訓練への参加があったという。

 陸自はスキー訓練の実施場所を明らかにしていない。

 道は4日までに南恵庭駐屯地で50人の検査を実施した。隊員の健康確認▽体調不良者による報告▽施設内の消毒徹底▽手洗い▽手指消毒▽マスク着用-の感染防止策がとられていたことを駐屯地側に確認したとしている。

 北海道では4日、1人の死亡と120人の感染が確認された。新たなクラスターは陸自南恵庭駐屯地1件だった。

 道内の死者は計612人、感染者は延べ1万7840人(実人数1万7795人)となった。4日午後6時時点の重症者は11人。

 4日の地域別の新規感染者は、札幌市73▽旭川市1▽小樽市6▽函館市4▽石狩地方26(恵庭市13、千歳市5、江別市3、北広島市1など)▽胆振地方2(苫小牧市1など)▽日高地方3▽十勝地方1▽釧路地方4(釧路市3など)-の120人。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ